司会・ナレーション、話し方・スピーチレッスン、朗読レッスン、マナーレッスン、松坂貴久子

  • BLOG
  • Facebook
  • Instagram
  • tel

Contact

松坂貴久子公式ブログ ~女性きらめき術~

輝く女性になるために。日常の出来事から、各講座の様子まで

50代以上の女性は、嫁であり また 姑でもある という方が多いと思います。
女性の人生「良き姑」 「良き嫁」に巡り合えるかどうかは「良き夫」に巡り合えるかどうかに勝るとも劣らないほど重要かも知れませんね。

互いの関係が思わしくない時、たいていの場合 相手だけが悪いということは おそらくありませんが、と言っても たま~に 相当強烈な方はいらして、理不尽な思いをしている方はいらっしゃいますよね。

この夏は 御主人の御実家に帰省なさったという方、 お姑さんとどのように過ごしましたか?
また、日頃お嫁さんとの関係で 気をつけていることは何ですか?

別に私は 嫁姑問題のプロというわけでは もちろんありませんが(笑)、サロンにいらっしゃる皆様がまさに同世代で 色々なケースを目の当たりにします。私は かなり恵まれている方だと思います。

というのも、この夏 夫の実家に10日間帰省しましたが、ほとんど気を遣うことなく まるで自分の実家に帰ったようにのんびり過ごさせてもらいました。(いや、それは お姑さんが相当我慢しているでしょ!)と思われそうですが(笑)

とにかく「可愛らしい」お姑さんなのです。

台所の冷蔵庫には、こんなメモが貼られています。

私が数年前にマナー講師の資格を取ったばかりの頃、お姑さんが泊りがけで遊びに来ました。
その時、練習をかねてお姑さんの前で「ミニマナー講座」をやらせてもらったのです。
その時一生懸命メモを取っていたお姑さん。「日々実践しよう」と 以来ずっとこのように貼って 毎日確認してくれているようなのです。まさか私が帰省する時だけ 取り出して貼っているわけではないようで(笑)

こうして 「嫁からも学ぼう」とする 謙虚な心が すなわち いつまでも柔軟で若々しい心なのでしょう。

人はいくつになっても学び いくつになっても成長できる

私もお嫁さんから 色々学ぶところが多いです。
普通 嫁にとってお姑さんは けむたいもので、できれば 自分の実家だけと 行き来したい…と思う人が多いかも知れません。
ですから、男児しかいない女性は 孫とも疎遠で 淋しい熟年生活となっている方も…

お嫁さんは 実家と同じくらい お姑さんに上手に甘え、孫の顔を度々見せてあげればいいのに…

その点 うちのお嫁さんは 本当に上手に甘えてくれ、しょっちゅう孫を連れて、または 孫一人リュックをしょわせて 遊びによこしてくれます。

この春 下が生まれた時、お嫁さんの入院中 上の孫は ずっと我が家でお預かりでした。

★姑は 嫁から学ぼうとする
★嫁は 姑に上手に甘える

これを少し念頭に置いておけば、良好な嫁姑の関係を築くことができる人が増えるのではないか…
この夏 嫁として のんびりと夫の実家で過ごしながら 姑でもある私が感じたことでした。

 

Copyright © フリーアナウンサー 松坂貴久子, All rigts reserved.